臨みは哀しくて綺麗な世界を描く事。05年度H/Sをどうぞお楽しみ下さい。


H/Sshop
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
『トモダチ』?2
重い両手の買い物袋と、本日2回目の帰り道。
ちょうど髪が乾いた頃に玄関へ到着した。

( おっと、お前起きてたのか。
  おいおい、また泣いてるのか? )

えらくチビは泣き虫らしい。
反抗的じゃないお前を見てると、なんだ。
お前、結構可愛いじゃないか。
そう、頭を撫でてやったんだ。

( いつまで泣いてるつもりだ?
  お前は本当に泣き虫だな。
   :
  なんだよ、素直に言ってみろよ。 )

( おい、人間め、俺は人間が嫌いなんだ。
  初対面は優しくしてくれるんだが、時が経つと勝手に飽きやがる。
  そしたら家から追い出すんだ、俺を家から追い出すんだ。
  2年前に初めて拾われ、捨てられた。
  其の時は解ってなかったけれど、今はちゃんと解るのさ。
  俺は9回信じたけれど、
  俺は10回捨てられて、
  俺にとってお前は11回目だ。
  お前もいつか、俺を捨てるんだろう?
  だから俺は人間が大嫌いなんだ。 )

( なるほど、それで泣いていたのか。
  言ってくれなきゃ解らないじゃないか。
   :
  え?
  しょうがないだろうって?
  この偏屈モノめ、全くどうしようもないヤロウだ。
  とりあえず廊下を空けてくれよ、飯を作るからな。
  ちゃんとお前の分もあるんだぞ、いいからどけよ。 )

( 俺の分もか? )

( そうだ、今日は奮発したんだから感謝しろよな。 )

( うまい飯か? )

( 俺が作るんだからうまいに決まってるじゃないか。
  文句は言わせないぞ。 )

暫くチビは黙ったままクッションの上に行儀良く座り、何気なくつけているテレビを見ていた。
こうして見ると人形のようだ。
黙ってると可愛いのだが、だんまりチビは気味が悪くもあるな。
っていうより可笑しくて笑いそうだ。

お前はもくもくと俺の作った飯を食っていた。
随分と腹が減っていたんだろう、会話の無いふたりの食卓だ。
しかし、必死で飯を食うお前を見ていると、なんだか嬉しくなるな。
小さなお前は、僕より先に夕飯を済ませた。
てんこもりだった皿の飯を、見事に空っぽにしてくれた。
スポンサーサイト
【2005/07/29 05:20】 『トモダチ』全4章+α | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<『トモダチ』ー1 | ホーム | 『トモダチ』?3>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

※LINKは新規HanaShadoyにてお願いします。

現在のHanaShadoyへ、どうぞ↓ HanaShadoy

H/S裏入り口→裏HanaShadoy

元祖はな・しゃどゐ
華
  • 華之作品を紹介しております。
    全ての作品において著作権は破棄しておりません。
    如何なる文面も著作権は管理人、華に有る事をご了承くださいませ。
    06年を迎えまして引越し致しました。
カテゴリー
記事一覧
トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 « 2017 / 11 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。