臨みは哀しくて綺麗な世界を描く事。05年度H/Sをどうぞお楽しみ下さい。


H/Sshop
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
『Ending/VINTAGE』

 貴方の罪は重すぎた。



 焦がれ焦がれるわ、今ですら。
私へ解放の日は永遠に訪れないということ。
そして貴方も望まなかった。
このような結末は。
私たち一族への刑罰は百年の拘束、そして貴方は一番の罪人。
私は八年の猶予が与えられたけれど、貴方の罪は重すぎた。

 VIN(ヴィン)、VIN・・・
貴方の名を呼ぶ私の鼓動は脈を打っている、今ですら。
私たち一族へ刑が下される直前のくちづけ。
そしてVIN、貴方が云った言葉、
「俺たちが釈放された時には、皆に秘密を打ち明けよう」
 九十二年間の詳細は忘れてしまったけれど、其の言葉だけが私の救いだったのよ。
皆に打ち明けるーつまり貴方と私の秘密の愛も、釈放と同時に解放されるということなのだから。
貴方の罪は重すぎて、私に解放の日は来ない。

 このような結末ならば最初から、苦しい拘束の日々を貴方と過ごしたかった。
例えあの暗く狭い監獄の中に閉じ込められようと、貴方を失う事実より随分と良い。
そう、最初からそう願っていたわ。でも当時の私も囚人。

 二年早くVINが帰ると聞いた時、どれだけ嬉しかった事か。
胸の高鳴りは収まらず、ただただ貴方だけが私を取り巻いていた。
恐ろしい考えも浮かんで掻き消そうと努力したけれど、まさか其の通りであったなんて。

 VIN、VIN、小さな箱に詰められた貴方。
愛しい貴方。
其の出来事は二年前に起こっていたなんて。
私が外の世界に居る間に、貴方は死んでしまったのね。
VIN、貴方の白い砂に触れたわ。ねぇVIN。
VIN、どうして死んでしまったの?

 愛しい貴方は罪人。

 貴方の罪は重すぎた。

 そして私へ解放の日は、永遠に訪れないの。



 貴方の最期は正義であったと、聞いたわ。












vintage.jpg
     永く永いVINTAGE

スポンサーサイト
【2005/09/01 20:45】 『VINTAGE』全7章 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<【ハンニバルシリーズにはまりすぎ】 | ホーム | 『VINTAGE 1』>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

※LINKは新規HanaShadoyにてお願いします。

現在のHanaShadoyへ、どうぞ↓ HanaShadoy

H/S裏入り口→裏HanaShadoy

元祖はな・しゃどゐ
華
  • 華之作品を紹介しております。
    全ての作品において著作権は破棄しておりません。
    如何なる文面も著作権は管理人、華に有る事をご了承くださいませ。
    06年を迎えまして引越し致しました。
カテゴリー
記事一覧
トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 « 2017 / 04 » 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。