臨みは哀しくて綺麗な世界を描く事。05年度H/Sをどうぞお楽しみ下さい。


H/Sshop
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
【 Day&Ever 】
 動物のお話が盛り上がってるので、今回も動物トーク。


   僕はその時10歳で、君は殺風景なこの家にやってきた。
   君はその時、僕の妹になったんだ。甘えっコな僕の妹さ。
   君も僕も大きくなって、大きな僕も大きな君を抱き上げられなくなったんだ。
   そういや君の名前の由来は何だっけ?
   忘れちゃったな。人見知りな可愛い妹。


 【Lyrics in H/S】で紹介しました、『エヴァ』 の冒頭の詩です。
目次の40題目となっています。
Gメジャーのポップな曲。なんと一日で書き上げた曲なんです。
此の詩は冬の雨の夜、家に帰り自室に戻って勢いで書き上げました。
フとメロディーが浮かんだので、そのまま曲にしたんです。

 其の日、大事な人の妹が天に召されたのでした。
一通のMAIL、華も見ました。彼女には2度しか会ったことがなかったのですが、驚きに先ず悲しむこともできませんでした。
其れは彼のほうが大きかったに違いありません。
暫くして涙が溢れました。私の涙ではありませんでした。
夜空から雨がとめどなく降ちていました。


 エヴァの茶毛はツヤツヤしていて、とても綺麗。触れると見た目より柔らかくて気持ちが良いんです。
高すぎる鼻は気品の良さを象徴するよう。
大きな瞳はいつも潤んでいて、どうしてもかまってしまう。
大きな体は、私を押し倒してしまいます。無邪気で元気で、とても可愛
い女の子です。

 エヴァはアイリッシュ・セッターと云う種類だそうです。
初めて見ました。血統書つきの立派な女の子です。
私はたった2度しか彼女と会えませんでしたが、よくなついてくれました。
話によると人見知りの激しいコだそうですが、私には初対面から飛び掛ってふさふさの尻尾を振っていました。
私はとても嬉しくて何をしに家へお邪魔しに来たのか、彼女に夢中になってしまっていました。

 悲報の夜が明けた朝、私は大事な人と彼の妹に会いに行きました。
勿論エヴァに逢いたかった、でも其れ以上に気がかりだったのは兄の方でした。
エヴァは不似合いに物静かに、兄の部屋で毛布にくるまっていました。
優しい顔をして、寝息を立てず眠っていました。
思わず溢れそうになった涙を、喉に力を込めて、呼吸を少し止めて抑えました。

 私にとって、こんな大きな動物の死に姿を見るのは初めてだったのです。
とは云いますが、同じ年の梅雨に祖母の不幸があったんです。
人間ですから、死に姿も綺麗にされていましたので、生々しさと云うのでしょうか・・・目前にしても受け入れ難い部分がありました。
妹の死を哀しんでいるのは、云わずもがな私以上に兄です。
お兄さん、大事な人の哀しみが私の涙を誘う一番の要因でした。

 エヴァは冷たかった。

 数日後、お兄さんに曲の 『エヴァ』 を聴いて貰い、詩のカードを送りました。
喜んでくれましたが、哀しみを思い出させたようです。
非情なようですが、良かったと思いました。
私なりの弔い・・・とまで偉そうに云いませんが、大事な人と天国へ帰った優しい生命にひとつ残せた気がしたんです。
曲自体作った理由など、実際勢いと感情の高ぶりだったんですが。


   今更冷えきった君をあたためながら言っている。
   明日もきっと聞こえてくる。
   君の、朝を呼ぶ声が。


   EVER







 此のお話は私がするべきじゃなかったのかもしれません。
どうか傲慢でなければ、こう言い訳させてください。
大事な人でした。今も大事でどうしようもない人です。
大事な人が哀しんでいたことと、私もたった2度の出逢いですが、彼女を愛していました。
愛しています。

 エリスが神様の御元に召された日も泣きながら詩を綴っていました。
私はクリスチャンですが、プロテストなので動物が天国へ召される事を信じています。
カトリックでしたらそうでないので・・・

 詩の最後はこう、終わらせました。





私は少し遅れちゃうけど

いつか天国で可愛い君を

また、抱き締める



スポンサーサイト
【2005/10/23 00:55】 【華之戯言】 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
<<【 大阪駅でウォーリーを探してみろ 】 | ホーム | 《ブログデザイン変更》>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

※LINKは新規HanaShadoyにてお願いします。

現在のHanaShadoyへ、どうぞ↓ HanaShadoy

H/S裏入り口→裏HanaShadoy

元祖はな・しゃどゐ
華
  • 華之作品を紹介しております。
    全ての作品において著作権は破棄しておりません。
    如何なる文面も著作権は管理人、華に有る事をご了承くださいませ。
    06年を迎えまして引越し致しました。
カテゴリー
記事一覧
トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 « 2017 / 05 » 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。