臨みは哀しくて綺麗な世界を描く事。05年度H/Sをどうぞお楽しみ下さい。


H/Sshop
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
【 「傷が深いほど治るまでに苦しむのかしら」 】
 おはようございます、未だ外が暗い。華です。
まだまだ日中は暑い、でも AM5:30 夜の空色。確かに季節は移り変わっている。
今は其の途中、9月下旬。

 昨日激しく疲れたので、早寝早起きの1時半起床。早過ぎます。
ちょっと画像いじったりしてから、DVDを観ていました。
『この森で天使はバスを降りた』(アリソン・エリオット主演)
ずっと前から気になっていた映画なんです。パッケージがなんだか惹かれて。
主人公の女の子アリソン・エリオットがかなり可愛い。
ジャンルはヒューマンドラマ、かなり感動する。今回記事の題名は此の映画の台詞から引用。
英題は 『THE SPITFIRE GRILL』・・・「戦闘機」 という意味です。
「THE SPITFIRE GRILL」 は、映画の中で主人公が居候する喫茶店の名前です。
再生してから30分くらい経って気付いた。












ヾ(華;゚Д゚)ノ<観タ事アル!!!!!







 ボケでしょうか、やばいね。観たことありました。確かそん時泣いたよ、何回か。
でも今回も全部観ました。



 心温まる映画です。
そして想う事は 「幸せ」 という身近なはずの感覚。
そう、「幸せ」 はすぐ手元にあるという事。ちゃんと見ればいい。
目を凝らして見つめてみれば・・・・・ホラ、こんなトコに 「幸せ」 はあるんだ。
なんだろなぁ、「生」 の素晴らしさって云うのかなぁ。
幸せになろうって想わされる。
前記と交えたら、もっと幸せに・・・なのかな?
いや、「未来」 に向けての 「幸せ」 だ。
日本語題の 『この森で天使はバスを降りた』 の方が内容に合ってる気がする。
でも 『THE SPITFIRE GRILL』 の視点から考えてみるとまた興味深い。
まるで 「人生」 を例えてるかのように感じてしまう。
是非観てほしい名盤です。





 ちょっと昨日の日記↓↓↓


続きを読む
スポンサーサイト
【2005/09/25 05:59】 【華之戯言】 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑

※LINKは新規HanaShadoyにてお願いします。

現在のHanaShadoyへ、どうぞ↓ HanaShadoy

H/S裏入り口→裏HanaShadoy

元祖はな・しゃどゐ
華
  • 華之作品を紹介しております。
    全ての作品において著作権は破棄しておりません。
    如何なる文面も著作権は管理人、華に有る事をご了承くださいませ。
    06年を迎えまして引越し致しました。
カテゴリー
記事一覧
トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 « 2005 / 09 » 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。