臨みは哀しくて綺麗な世界を描く事。05年度H/Sをどうぞお楽しみ下さい。


H/Sshop
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
【ゴールドストーンと華】
 
『マスク・オブ・ゾロ』

ものすご面白かった!



友人あーちゃんとお電話で相談しながら借りたの(何やってんだw)。
前々から興味あったんだけど、ホラーじゃないとレンタルしても見過ごす・・・
かの名作、『レオン』 も毎回見過ごしてるしね!
もうゾロ最高でした。
此のタイプの感動は久々だなぁ。なんてだろ、痛快っての?
いつも、"痛" か "快" のどちらかに偏ってるからなあ。極端なの。
痛快、気持いいね、とても。
未だ見てない人は是非お勧めですよ!
ジャンル問わず誰でも面白く鑑賞できる類だと想うよv

マスク・オブ・ゾロを勧めてくれたあーちゃんのブログ
↓↓

【孤高の騎士】

 作品鑑賞は素晴らし?♪



ゴールドストーン gold stone


修道士が16世紀に偶然作り出した人工石。
赤いものは茶金石、青いものは紫金石と呼ばれる。
持ち主に前向きなパワー、健全な自信を与え、人から愛されるようにしてくれる。
そして持ち主にチャンスを与えてくれる石。
努力を実らせ着実に前進するようパワーを授けてくれると信じられている。
音楽や芸術等の職業につく人が持つと良い。
また、摂食障害や鬱病等の治療にとても効果的だとされる。

goldstone


 ゴールドストーンは長く華のお守りの石です。
隣町の雑貨屋でフと手にした石、そんな出逢いでした。
一見地味で、他の輝く宝石と比べればホント、そこらに転がってそうな石。
なーんか其の石が気に入って握り締めててさ、店内に隠れるようにあった「石の効果」の説明のピラピラ用紙。何気なく読んでは、直行で革紐と合わせて買いました。
運命って言葉は苦手ですが、引き合うとでも表現しようかしら・・・
自分にピッタリ過ぎる石だと感じてますよ。
コノコとの付き合いは長いですね。だって一日中だもん。
ブログ、【WGR?ジュエリー制作記】との初めての出逢いの際お話した分なんですが、随分と紹介遅れました。
わすr・・・・・○nz
華ってそんな奴です(・ェ・`)



 「石は安易に持ち過ぎるな」
と、過去に注意された記憶があります。
石はお守りにされるくらいのエネルギーがあって、自分に合った石を持つのは効果的だが、合わないと逆効果すら生む、と。
そして石の持ち過ぎは本来の姿を見失う、と。
そう教えてくれた方は、クリスタルを肌身離さず身につけていらっしゃいました。

 モノをモノとして受け止めるのは、間に感情を伝え合うやり取りが無いための偏見ではないか。
・・・そう考えます。
沢山の生命があるのだし、人間には受け留められないやり取りも存在し得るのではないか。
鳴き声と表現している、動物たちのやり取りがそうかもしれません。
人間と昆虫で同じ視界でも違うように見える・・・色の反転ですね。
そのように、同じ場所でも違う受け留め方があるのだろう。
また、違う受け留め方をしている何かがあるのではないか。
そして、此の眼では捉えられない "世界" もあってもいいのではないか。
次元がずれた場所、という場所も有り得るのではないか・・・

 説明に難いのですが、石には石の世界ってのが有り得るって想うんですよ。
其処まで大袈裟な表現をしなくとも、石に生命・精神があるんじゃないかってね。
同時に、
「石を適当に持ち帰るな」
と、いう教訓も教わりました。
川辺や道端に落ちてる石ですね。
逆に、「捨てるな」 とも云えましょうか。
 興味なら溢れんばかりですが、私はゴールドストーン一筋です。
ただ綺麗なだけじゃないんだよ。
って、人間もそうだよね。

作られたモノにもエネルギーや生命があるんじゃないかな?
だって、作る人はエネルギーに満ち満ちてるもの。

シルバーアクセ職人Kantaro様のブログ
↓↓

【WGR?ジュエリー制作記】

 通信販売もされております☆

 そうね。
私たちが此処に綴っている文章にすら、見えない何かが存在しているのかもしれないな。



 こうゆう類のネタを話し出すとキリが無いんで、是でも無理やりケリつけました。
なんかLINKの宣伝みたいになってる?
いいじゃまいか、いいじゃまいか。
上記にご紹介しました2件方とも相互LINKさせていただいています!



 上のゴールドストーンの画像、革紐部分が千切れてる事、気付いた?


続きを読む
スポンサーサイト
【2005/08/03 23:02】 【華之戯言】 | トラックバック(0) | コメント(7) | Page top↑
『Daddyと骨』

若い旅路の途中で、骨が折れた。
全身のね。
制服も着れぬまま、掌に溢れる
薬物ジャンキー。
何の見栄でしょう。

Daddy 可愛そうなダディ。
 可愛い娘を思った通りに
 作れなかったのね。
Daddy 無神経な男性。
 当たり前の事って何?
 知っているの、世間体。

可愛い娘はね、ひとり歩きしていた。
二足歩行に成功した日から、
彼女は素敵じゃなかったのよ。

Daddy 私のお父さん。
 いつだって私は、貴方の娘だったわ。

薬で骨を繋ぎ立っているわ。
全身を。
人の巣には居られないの。
今日も良い子に薬を飲んで、
勝手に出て行くわ。
勝手に出て行くわ。

Daddy 大好きなダディ。
 貴方は失敗したのかもしれないけれど、
 彼女は落ちこぼれてなんかいないわ。
Daddy 愛する人。
 貴方はやり切ったのだろうけれど、
 本当はもっと甘えたかったのよ。

Daddy Daddy

 My Daddy




【H/S 画廊】2作分更新しました。

by.華
【2005/08/03 03:40】 【ハナ唄】 | トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑

※LINKは新規HanaShadoyにてお願いします。

現在のHanaShadoyへ、どうぞ↓ HanaShadoy

H/S裏入り口→裏HanaShadoy

元祖はな・しゃどゐ
華
  • 華之作品を紹介しております。
    全ての作品において著作権は破棄しておりません。
    如何なる文面も著作権は管理人、華に有る事をご了承くださいませ。
    06年を迎えまして引越し致しました。
カテゴリー
記事一覧
トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 « 2005 / 08 » 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。